金戒光明寺


IMG_3768.jpg

浄土宗の祖である、法然















IMG_3773.jpg

十五歳で比叡山に登り、修行したと云われている

承安5年(1175)四十三歳の時、念仏の教えを広めるために

山頂の石の上でお念仏をされた時















IMG_3774.jpg

紫雲全山にみなぎり、光明があたりを照らしたことから

この地、黒谷に草庵をむすんだと云う

これが浄土宗最初の寺院となった、光明寺である















IMG_3781.jpg













IMG_3784.jpg

また、この地は















IMG_3788.jpg

会津藩主松平容保公が

幕末の文久2年(1862)に京都守護職に就任すると、京都守護職会津藩の本陣となり

藩兵1,000人が京都に常駐し1年おきに交替した















IMG_3795.jpg

その後、大政奉還後の王政復古の大号令によって薩摩藩・長州藩が京都市中の支配権を確立したため

京都守護職は設置後6年をもって廃止された

鳥羽・伏見の戦いで戦死した会津藩士の菩提を弔っている

















IMG_3799.jpg

そして、今年


















IMG_3802.jpg

JR東海、秋の「そうだ、京都へ行こう」のポスターとなりました・・・


















IMG_3790.jpg

このロケーションやからねぇ^^納得




+金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)+

京都市左京区黒谷町121
左京区黒谷町にある浄土宗の寺院、山号は紫雲山、本尊は阿弥陀如来
通称寺名をくろ谷さん(くろだにさん)と呼ぶ
知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の大本山の1つである
浄土宗、第5世恵の時に堂を整え、法然の見た縁起にちなみ紫雲山光明寺と号した
第8世運空は後光厳天皇に戒を授けて、金戒の二字を賜り
金戒光明寺と呼ぶようになった

アクセス 京都市バス「岡崎道」下車 徒歩5分



スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/124-b5232956

Comment

じゅん* | URL | 2010.11.22 14:57 | Edit
京都女子カメラ部のじゅん*です。
ブログにメッセージありがとうございます^ー^*
写真展見てくださってその上、ブログにメッセージいただけるなんて夢にも思ってなかったのでとてもうれしかったです♪*
京都女子カメラ部のみんなにも高兄さんのメッセージ伝えたいと思います。
本当にありがとうございました!
*
きれいに色づいてますね~。
今年はバタバタしてて紅葉を見に行ってなくて・・・。
下から2枚目の写真が好きです^^
とてもきれい☆
高兄 | URL | 2010.11.22 15:17
じゅん*様、こんにちは

> ブログにメッセージありがとうございます^ー^*

こちらこそ、御丁寧なコメント、ありがとうございます

> 写真展見てくださってその上、ブログにメッセージいただけるなんて夢にも思ってなかったのでとてもうれしかったです♪*

グループ展を「ことばのはおと」さんでされる事は、知人から聞いてまして

御所に自転車でいった帰りに、寄せてもらいました^^

本当は、メッセージノートに、記入しようかと思いましたが

娘から目が離せずで・・・^^;

> 京都女子カメラ部のみんなにも高兄さんのメッセージ伝えたいと思います。
> 本当にありがとうございました!

土地柄のせいか、京都は女子カメラ率、高いですよねぇ

これから、ますます、皆様、御活躍くださいませ^^
yokoblueplanet | URL | 2010.11.22 15:26
こんばんは。
法然上人に関しては色々な物語がありますね。
それだけインパクトの強い人間だったのでしょうが、時々世の中が必要とするのか出て来ますね。
法然上人は仏教を下々まで広めた人と言う事になるのでしょうか。
高兄 | URL | 2010.11.22 18:03
Yoko様、こんにちは

> 法然上人に関しては色々な物語がありますね。

そうですねぇ

> それだけインパクトの強い人間だったのでしょうが、時々世の中が必要とするのか出て来ますね。

まあ、世の常としては、麒麟児なんでしょうが・・・どうでしょうか?

宗租であるだけに、カリスマ性は必要だったのでしょうが

この頃は、周囲や弟子からの口伝という形で語られていたはず

信憑性は・・・・まあ、京都に住んでて御寺の悪口は云えまへんが^^;

> 法然上人は仏教を下々まで広めた人と言う事になるのでしょうか。

私自身は、浄土真宗の門徒でありますが(かなり、いい加減な信心ですが^^;)

詳しい経緯はわかりません

法然の弟子にあたる、親鸞は天才でありました

しかし、悪く言えば、修行に糞真面目な方であったと云われています

つまり、商売には疎かったわけです(宗教を商売に絡めた例えは申し訳ないですが)

この、親鸞の血筋といわれる、蓮如(法然にとっては、曾孫弟子?)

この辺りが、講などを造りだし、民衆に浄土宗(浄土真宗)を広めていったのでは?

・・・と、私は考えています

なんやかんや、云いましたが

浄土宗、浄土真宗あわせれば、末寺は5万寺を超すともいわれる

日本最大の仏教集団ですから

この結果が、広まっていった現実です・・・・というフォローも忘れず^^v
アラック | URL | 2010.11.23 08:51 | Edit
アラックです。
「そうだ、京都行こう」ですね。
お隣の、真如堂さんも良いですよね、
バグース!
高兄 | URL | 2010.11.23 09:48
アラックさん、こんにちは

> 「そうだ、京都行こう」ですね。

そうなんですよ、

毎年、このポスターになった、寺社は観光客の入りが倍増すると云われています^^;

やらしい話、色いろな事情があり、どの寺社になるかは決まるわけですが・・

> お隣の、真如堂さんも良いですよね、

そうそう^^

光明寺さんから、真如堂さんへ向かうルートは黄金コースですからね♪

真如堂さんも、素晴らしかったですよ!

来週には記事UP予定です^^v

> バグース!

おおきに^^
yokoblueplanet | URL | 2010.11.23 14:46
こんばんは。
そうですね、最初の人間はあまり俗世の栄誉/富に興味が無い。真理を求める気持ちがまずあって。。。でも弟子、後について来る人間の数が多くなると、2代目3代目は俗世の損得勘定も考えに入れなければ、組織運営ができなくなる、と云う必然的な「組織」の流れもありますね。
高兄 | URL | 2010.11.23 20:19
Yoko様、こんにちは

> そうですね、最初の人間はあまり俗世の栄誉/富に興味が無い。真理を求める気持ちがまずあって。。。でも弟子、後について来る人間の数が多くなると、2代目3代目は俗世の損得勘定も考えに入れなければ、組織運営ができなくなる、と云う必然的な「組織」の流れもありますね。

おっしゃるとうり、必然的な流れと云う気がします

私の、想像ですが

親鸞の頃の時代背景として

京の都では、浄土真宗は小さな団体であったはずです

当時は時宗が最大グループでありました

親鸞の弟子、孫弟子たちは

このままでは、真宗が途絶えてしまう・・・という危惧もあったかもしれませんね^^

Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ