北野天満宮

IMG_2934.jpg

秋色の光の、ある日















IMG_2936.jpg













IMG_2940.jpg

受験生には御馴染みの拝殿















IMG_2963.jpg













IMG_2965.jpg













IMG_2986.jpg














IMG_2988.jpg

御利益がありそうな雰囲気^^
















IMG_2981.jpg













IMG_2993.jpg
















IMG_2995.jpg

平日でしたが

修学旅行生をはじめ、多くの人の姿















IMG_2996.jpg














IMG_3009.jpg

くるたんび、思うねんけど・・・あんたさん、狐やないよね?

天神さんに居はるからには、やっぱり牛やねぇ・・・















IMG_2990.jpg

ちょっと、ちょっと

うちの姿も撮ってぇなー

















IMG_2985.jpg

堪忍、堪忍な^^;



















IMG_2968.jpg

七五三、

今日の主役は、あんたやったねぇ^^






+北野天満宮+

京都府京都市上京区馬喰町
上京区にある神社である、通称、天神さん・北野さん
旧社格は官幣中社、二十二社。京都市民からは「てんじんさん」の愛称で呼ばれる

毎月25日に縁日が開かれ、多くの参拝者や観光客で賑わう
菅原道真を主祭神とし、特に学問の神として知られ多くの受験生らの信仰を集めている
京都市が大学の町であることもあってか、掲げられている絵馬には、大学受験合格を祈願するものが多い
福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心となっており、当社から全国各地に勧請が行われている

アクセス 京都市バス 「北野天満宮前」下車 徒歩1分


+七五三(しちごさん)+

七五三は7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事
天和元年(1681)11月15日、館林城主、徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力である
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに詣でる
年中行事(神社庁より)、本来は数え年だが、現在は満年齢で行われる場合が多い
地方によっては男の子の3歳を行わない所もある

現在では北海道を除いた全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった
尚、上方発祥の習俗としては十三詣りがあり、これも徐々に全国に広がりつつある
明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになった
現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっている
北海道等、寒冷地では11月15日前後の時期は寒くなっていることから
1か月早めて10月15日に行なう場合が多い










スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/112-d9f3c228

Comment

yunti | URL | 2010.10.29 17:51 | Edit
昔、姉や友達がこの辺りに住んでいたので
天神さん近辺はよくブラブラしてました。
私の受験の時も姉がここでお守りを買ってくれましてね、
確か、真っ白のお守りだったかと。
その御利益は・・・、あったみたいです^^
牛も懐かしいです。

それにしても、小姫ちゃんめんこい~♪
結った御髪の写真。。。子供の髪って細くて綺麗ですよね~、
そんなふわーっとした質感が伝わってきます。
いいお天気だったみたいで、よかったですね。
高兄 | URL | 2010.10.29 19:40
yuntiさん、こんにちは

今頃、関西の寒さにコタツに入ってPCされてるのでは?^^

> 昔、姉や友達がこの辺りに住んでいたので
> 天神さん近辺はよくブラブラしてました。

ほ~

そうなんどすか^^

この辺りも西陣界隈の、ええ雰囲気が出てますねぇ

> 私の受験の時も姉がここでお守りを買ってくれましてね、
> 確か、真っ白のお守りだったかと。
> その御利益は・・・、あったみたいです^^
> 牛も懐かしいです。

この黒牛(狐っぽい)の御利益かも~

> それにしても、小姫ちゃんめんこい~♪
> 結った御髪の写真。。。子供の髪って細くて綺麗ですよね~、

確かに、子供の髪の毛って柔らかいですよね

髪質が違う気がします

この日は、着物も嫌がらず

珍しく、おとなしかったんですが

日々のヤンチャはエスカレートするばかり・・・・・う~ん


yokoblueplanet | URL | 2010.10.29 22:50
こんばんは。
日本の祝祭、絶対に残したいものの一つです。
子姫ちゃんも改まった雰囲気でのお祝い、何と無くどきどきワクワクして楽しかったでしょうね。
こういう体験を通じて精神世界が裕福になっていくのですよね。
高兄 | URL | 2010.10.30 07:21
Yoko様、こんにちは

> 日本の祝祭、絶対に残したいものの一つです。

そうですね、

必要のないもんは、淘汰されるのが世のつねですが

忘れないという心が大切かと

> 子姫ちゃんも改まった雰囲気でのお祝い、何と無くどきどきワクワクして楽しかったでしょうね。
> こういう体験を通じて精神世界が裕福になっていくのですよね。

彼女の場合、数えは三歳ですが、実際は二歳半なんで・・・後で覚えてくれてますかね^^;

まあ、心のかたすみにでも残しておいて欲しいなぁ・・・と
maiky | URL | 2010.10.30 23:31 | Edit
お写真見てたら、久しぶりに行きたくなってきました!
神社なのにお寺な風格。。
渡来の仏教建築を取り入れた、日本人の新しいもん好きがこんなところにも見られますね^^

狐のような黒牛ちゃんは、2年くらい前?に壊された子牛の代わりに登場した子ですね。
他の子と同じようにおべべ着せてもらって、何か嬉しいです^^
目が大きいのは現代風でしょうか(笑)

七五三、おめでとうございます!
赤い鹿の子(…?絞り?)のお着物がとっても可愛い!
子どもの着物、肩のところが好きなんですよねぇ。
二歳半で、よく頑張りました!!
高兄さまも、お疲れ様でした~^^
高兄 | URL | 2010.10.31 08:13
maikyさん、こんにちは

コメント、おおきに^^

> 神社なのにお寺な風格。。
> 渡来の仏教建築を取り入れた、日本人の新しいもん好きがこんなところにも見られますね^^

この北野神社(旧名)の風格は、京都でも異彩をはなちます

拝殿から本殿の造りも、珍しく

日光東照宮のモデルになったことは、以外と知られていません

世界遺産クラスと断言できます

> 狐のような黒牛ちゃんは、2年くらい前?に壊された子牛の代わりに登場した子ですね。
> 他の子と同じようにおべべ着せてもらって、何か嬉しいです^^
> 目が大きいのは現代風でしょうか(笑)

なるほど~そういういきさつですか

知らんかったわ~

>
> 七五三、おめでとうございます!
> 赤い鹿の子(…?絞り?)のお着物がとっても可愛い!

早いものです、子供の成長

> 子どもの着物、肩のところが好きなんですよねぇ。

そうなんですよね

しかし、普段みることがないせいか

女の子の着物は、さっぱりわかりません^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ