萬福寺



IMG_2444.jpg


勤白大衆















IMG_2448.jpg













IMG_2449.jpg

生死事大
















IMG_2451.jpg

今年の7月に訪れた

台湾が恋しくなり















IMG_2453.jpg

娘を連れて、ぶらり台湾へ・・・















IMG_2454.jpg

なぁんてのは、真っ赤な嘘^^















IMG_2456.jpg

ごめんなさい















IMG_2458.jpg

ここは、宇治市内にある禅寺















IMG_2459.jpg

萬福寺(まんぷくじ)さんです


















IMG_2461.jpg















IMG_2464.jpg

しかし・・・見れば観るほど
















IMG_2467.jpg

自分が日本にいるやら

中国や台湾にいるやら




















IMG_2469.jpg

不思議な御寺さんどすなぁ^^
















IMG_2471.jpg

魚梆(かいぱん)

木魚のもとになったものだそうです















IMG_2475.jpg

無常迅速
















IMG_2476.jpg

台北にも福州(現、福建省)から、移り住まれた方が多いせいか

福建様式の御寺が多かったんですが

なんや、台北に戻ったような・・・





















IMG_2477.jpg

そんな気分になって・・・・















IMG_2482.jpg

あっ





















IMG_2483.jpg

やっぱり、日本です

やっぱり京都です^^

たまたまどしたが、本日は萬福寺境内で、各流派の大茶会が催されてました















IMG_2485.jpg















IMG_2487.jpg

各宜醒覚
















IMG_2489.jpg













IMG_2490.jpg

慎勿放逸















IMG_2494.jpg













IMG_2497.jpg

この禅寺では

この経で一日が始まり、一日が終わるそうです


謹んで修行僧に申し上ぐ

生死は、事大にして

無常は迅速なり

各々、醒覚して

無為に、時を過ごさぬように・・・




+萬福寺+

宇治市五ヶ庄三番割34
宇治にある黄檗宗(おうばくしゅう)大本山の寺院
山号は黄檗山、開山は隠元隆(いんげんりゅうき)、本尊は釈迦如来である
日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗した、黄檗宗の中心寺院で
中国・明出身の僧隠元を開山に請じて建てられた
建物や仏像の様式、儀式作法から精進料理に至るまで中国風で
日本の一般的な仏教寺院とは異なった景観を有する

寺内で使われる言葉、儀式の作法なども中国式である
本寺の精進料理は普茶料理と呼ばれる中国風のもので、植物油を多く使い
大皿に盛って取り分けて食べるのが特色である
萬福寺は煎茶道の祖・売茶翁(ばいさおう)ゆかりの寺としても知られる
隠元と弟子の木庵性瑫(もくあんしょうとう)、即非如一(そくひにょいつ)は
いずれも書道の達人で、これら3名を「黄檗の三筆」と称する
このように、隠元の来日と萬福寺の開創によって、新しい禅がもたらされただけでなく
さまざまな中国文化が日本にもたらされた
隠元の名に由来するインゲンマメのほか、孟宗竹(もうそうちく)
スイカ、レンコンなどをもたらしたのも隠元だといわれている

アクセス JR黄檗駅下車 徒歩10分









































スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://takanii5.blog16.fc2.com/tb.php/104-044f8ccd

Comment

アラック | URL | 2010.10.13 12:48 | Edit
アラックです。
ここには何回か行きましたが、日本のお寺とはやっぱり雰囲気がちがいますよね、良いところです。
yokoblueplanet | URL | 2010.10.14 03:25
こんばんは。
九州の福岡や長崎などにも「不思議なお寺さん」がありますね。時を遡れば、國間の交流がそれ程濃密だったと云う事でしょうか?!
高兄 | URL | 2010.10.14 17:25
アラックさん、こんにちは

> ここには何回か行きましたが、日本のお寺とはやっぱり雰囲気がちがいますよね、良いところです。

おお、此処も行かれてましたか!

結構、マニアックな場所なんですがね^^

中世になって、宇治に中国様式の禅寺が出来たのも

なんだか、不思議ですよね^^
高兄 | URL | 2010.10.14 17:28
Yoko様、こんにちは

> 九州の福岡や長崎などにも「不思議なお寺さん」がありますね。時を遡れば、國間の交流がそれ程濃密だったと云う事でしょうか?!

そうですね

遣隋使、遣唐使なんかも良い例でしょう

その中で、密教を丸ごと吸収してしまう空海のような

とんでもない人物も現れたりして、おもしろいですね^^
RIAMOUR | URL | 2010.10.14 17:30
高兄さん

魚梆(かいぱん)→木魚のもとになったもの・・って、木魚って本当に最初は完全なるお魚だったんですね@@
勉強になりました・・・

それから、着物の女性たち・・美しい♪台湾には民族衣装って無いようなものですからねー日本の着物の美しさに改めて気付かされます^^
高兄 | URL | 2010.10.14 19:42
Riamourさん、こんにちは

> 魚梆(かいぱん)→木魚のもとになったもの・・って、木魚って本当に最初は完全なるお魚だったんですね@@
> 勉強になりました・・・

いえいえ、私も最近知った話ですから^^;

> それから、着物の女性たち・・美しい♪台湾には民族衣装って無いようなものですからねー日本の着物の美しさに改めて気付かされます^^

着物は良いですね

台湾の外省人の人たちは、大陸各地から渡ってきた人々ですから

ただ、台湾の民俗衣装となると

ネイティヴタイワニーズ、山岳民族の衣装という事になりませんか?

タイヤルやアミ族なんかの衣装も、インパクトありますね^^
はるナ~ | URL | 2010.10.14 22:19
こんばんわ♪
あ!万福寺さん!!ここのお寺
独特な雰囲気ですよね^^

小学生のときによく行きました(笑)
高兄 | URL | 2010.10.15 06:25
はるナさん、こんにちは

> あ!万福寺さん!!ここのお寺
> 独特な雰囲気ですよね^^

そうですよね、絵になる禅寺です

黄檗には、わたしの大好きなパン屋さんもありますしね

> 小学生のときによく行きました(笑)

なるほど、小学生の遠足コースですか^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ