FC2ブログ

輪違屋(わちがいや)


DPP_36137.jpg

幕末、明治、大正、昭和・・・・











DPP_36141.jpg











DPP_36138.jpg











DPP_36142.jpg











DPP_36143.jpg











DPP_36139.jpg











DPP_36144.jpg











DPP_36140.jpg











DPP_36145.jpg











DPP_36136.jpg

そして、平成

いくつもの物語が、繰り広げられた場所



+輪違屋(わちがいや)+

京都市下京区西新屋敷中之町
下京区の花街、島原の置屋兼お茶屋である、現在も営業を続けている
創業は元禄元年(1688年)、置屋として始まる
置屋として創業当時の名は「養花楼」、お茶屋兼業は明治5年(1872年)より始まる
現在の建物は安政4年(1857年)に再建されたものであり、明治4年(1871年)にほぼ現在の姿となった

かつては芸妓等も抱えていたが、現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり
また、宴席の場として営まれている
表に「観覧謝絶」の札がある(いわゆる「一見さんおことわり」の店である)

建物は昭和59年(1984年)に京都市指定有形文化財(建造物)に指定された
太夫道中に使われる傘を襖に貼り込んだ「傘の間」や本物の紅葉を使って
型取りしたうえに彩色した壁が使われた「紅葉の間」が特徴的である
いずれももともとは当主の部屋であったらしい
傘の間の傘には「高」(正確には髙島屋のマークの「高」の字体と同じ)の文字が入っているが
これは当主の姓が「高橋」だったということに由来する

1階には近藤勇書の屏風が、2階には桂小五郎書の掛軸がある

アクセス 京都市バス 「島原口」下車 徒歩6分
スポンサーサイト
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ