智積院


DPP_35933.jpg

千宗易(せんのそうえき)、雨上がりの曇天を待つ











DPP_35928.jpg

はて、千宗易なる人物

茶の湯の世界に通じる方々は、御存知でしょうが











DPP_35926.jpg

恐らく、この国で

一番有名な茶人

千利休(せんのりきゅう)の事です











DPP_35927.jpg

智積院の東側にある、この御庭は











DPP_35932.jpg

「利休好みの庭」と、呼ばれています











DPP_35934.jpg

作庭の年代から察するに

利休が、この庭を眺めた・・・と云う逸話には

少し無理がありますが











DPP_35930.jpg

いかにも、利休好みな侘びな空間です











DPP_35931.jpg

陽射しが、かなりキツい為

好天は、すこし眩しいぐらい











DPP_35929.jpg

もし、利休がこの庭を眺めるなら

雨上がりの曇り空を、見計らって











DPP_35925.jpg

こんなしっとり濡れた景色を

好んで、眺めたのではないでしょうか^^



+智積院(ちしゃくいん)+

京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964
東山区にある真言宗智山派総本山の寺院である
山号を五百佛山(いおぶさん)、寺号を根来寺(ねごろじ)という
本尊は金剛界大日如来、開基は玄宥(げんゆう)である

智山派大本山として、成田山として知られる千葉県成田市の成田山新勝寺
「川崎大師」の通称で知られる神奈川県川崎市の川崎大師平間寺及び
東京都八王子市の高尾山薬王院がある

智積院の歴史は複雑で、紀州にあった大伝法院と、豊臣秀吉が、3歳で死去した愛児鶴松のために建てた
祥雲寺という2つの寺が関係している

アクセス 京都市バス 「東山七条」下車 徒歩3分


スポンサーサイト
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ