立本寺


DPP_21085.jpg

2人の想い出
















DPP_21074.jpg














DPP_21075.jpg














DPP_21077.jpg














DPP_21076.jpg














DPP_21078_convert_20130323173243.jpg














DPP_21080.jpg














DPP_21081_convert_20130323173344.jpg














DPP_21083_convert_20130323173429.jpg














DPP_21082.jpg














DPP_21079.jpg

満開の枝垂桜を

一身に浴びる娘


いつか、2人の想い出になれば良い・・・


親馬鹿の独り言ですがね



+立本寺(りゅうほんじ)+

京都市上京区七本松通仁和寺街道上ル一番町107
上京区にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)、山号は具足山、塔頭が四院ある
日像が創建した妙顕寺を起源とする

日蓮の弟子で京都での布教に携わった日像は、1321年(元亨元年)
御溝傍今小路(京都市上京区)に妙顕寺を創建
1341年(暦応4年)、四条櫛笥(下京区四条大宮付近)に寺地を移した妙顕寺は
1387年(嘉慶元年)山門(延暦寺)により破却されるが
1393年(明徳4年)、三条坊門堀川(二条城南東付近)に再興され、寺号を妙本寺と改めた

1413年(応永20年)、妙本寺は再度山門により破却され、5世月明は丹波に難を逃れた
1416年(応永23年)、日実は妙顕寺の旧地(四条櫛笥)に寺を再興し、本応寺と号したが
一方、月明は五条大宮に妙本寺を再興(後に妙顕寺に復称)、本応寺と対立した
この本応寺が改称して立本寺と号した、なお、妙顕寺(妙本寺)と本応寺(立本寺)の
分立については異説もあり、1393年(明徳4年)、日実が四条櫛笥の旧地に妙顕寺を再興し
本応寺(のち立本寺)と号したとする説もある

アクセス 京都市バス 千本中立売 下車 徒歩5分
スポンサーサイト
プロフィール

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)