東林院

DPP_0655.jpg

東林院 沙羅の花を愛でる会


眼の前に広がるもの・・・それは















DPP_0656.jpg

色(しき)















DPP_0657.jpg

ふわり

ふわりと















DPP_0658.jpg

さらり

さらりと















DPP_0659.jpg

沙羅の花

平家物語の一節に問う


娑羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらはす















DPP_0660.jpg

この沙羅双樹の花の色(いろ)とは

花の色(しき)の事ではないだろうか・・・・















DPP_0661.jpg

色(しき)とは

仏教における、禅定の概念

色は、現世に存在する全ての物事のこと
















DPP_0662.jpg

一日しか咲かず、その命を落とす

沙羅の花の理(ことわり)は

人の命の理と同じ















DPP_0663.jpg

いま

あなたの眼の前に広がるもの

それは















DPP_0666.jpg

あなた自身を映す

鏡かもしれない






+東林院(とうりんいん)+

京都市右京区花園妙心寺山内
臨済宗妙心寺の塔頭の一つ、樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られる
通称は沙羅双樹の寺

享禄4年(1531)、細川氏綱が父の菩提を弔うため現在の京都市上京区に建てた三友院を起源とする
弘治2年(1556)に山名豊国(母が細川高国の娘)が妙心寺(右京区花園)山内に移し
現在の「東林院」と改名した
このときに東林院は細川氏菩提寺から山名氏菩提寺に転じて現在に至っている

基本的に非公開寺院であるが、毎年1月の「小豆粥で新春を祝う会」、6月の「沙羅の花を愛でる会」
および10月の「梵燈のあかりに親しむ会」の時は特別拝観可能である

アクセス 京都市バス 「妙心寺」下車 徒歩5分
スポンサーサイト
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)