修伯


DSC04021.jpg

たまに遊びにいかせていただく、

ソウルリピーターblogger、yumaさんも大のお気に入りの「修伯(しゅうはく)」さんへ

相方とお昼に伺ったんですが

一年に一度、秋になれば訪れるこちら

2人とも愉しみにしております♪

こちらが開店した当初から寄せていただいてるから・・・もう9年ぐらいのお付き合いかも

まあ、料理のオンパレード写真で芸がありませんが^^; どうぞ















DSC04004.jpg

先付けの

秋の野菜の炊き合わせ

修伯さんは、いつも前菜(先付け)に気合が感じられます

ここが美味しいと、はっと眼が覚め

これからの料理の流れにテンションも上がるってもんで^^


栗や野菜、それぞれに深い旨みが出ていました















DSC04005.jpg

蝦のしんじょうと、松茸のお椀















DSC04007.jpg

修伯名物

向かい付け(刺身)の盛り合わせ

ひとつひとつ、魚、味付けが違います

こういうの愉しくて、嬉しいですねぇ















DSC04008.jpg

鮎の焼き寿司

骨もカリッと、香ばしく・・・昼から日本酒が飲みたくなります















DSC04009.jpg

カマスの味噌ゆうあん&トマトの肉じゃが

トマトの甘味と、肉じゃがの取り合わせに一本!

















DSC04010.jpg

からすみと御飯

共に出たのは赤だしではなくて、だし汁
















DSC04011.jpg

だし汁かけて、お茶漬け仕立て

なるほど、なるほど















DSC04012.jpg

で、こっから水菓子ならぬ

和洋折衷デザートのオンパレード

「お好きなものを、お好きなだけ、どうぞ」と声をかけられます

自信のある方は、私のように「全部ください!」と云いましょうね^^



















DSC04013.jpg

これ、わたしが一番美味しいと思った

クルミ餡のパイ仕立て♪


















DSC04014.jpg


















DSC04017.jpg

暖かい物もあります

グラタン仕立て
















DSC04018.jpg

紫芋の焼き団子

これも技ありです^^




















DSC04019.jpg













DSC04020.jpg

アイス最中のなかには、マスカットが入ってました



今回も8種類、全ていただき完食

実はサービスの面で、2、3気になったことはあったのですが

まあ、敢えてそれは書きません

お料理に関しては、いつもどおり満足させていただきました

おおきに、ご馳走さんどした^^



+修伯+

京都市東山区金園町392
営業時間 12:00~14:00 17:00~20:00
     075-551-2711
定休  月曜日
スポンサーサイト
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ