三室戸寺


DPP_31689.jpg

今が盛りと咲き誇る











DPP_31688.jpg











DPP_31684.jpg











DPP_31686.jpg











DPP_31685.jpg











DPP_31687.jpg











DPP_31694.jpg











DPP_31691.jpg











DPP_31693.jpg











DPP_31692.jpg











DPP_31690.jpg











DPP_31683.jpg

宇治にある三室戸寺さんでは

色とりどりの紫陽花が、まさに見頃


平日なのに

観光の皆さんも、大変な賑わいようで^^;

色とりどりの日傘も、咲き乱れていました





+三室戸寺+

京都府宇治市莵道滋賀谷21
宇治市にある寺院、山号は明星山、本尊は千手観音
西国三十三箇所第10番札所で、本山修験宗の別格本山

庭園 である与楽園は 、5000坪の広さがあり
枯山水・池泉・広庭からなる
5月は2万株のツツジ、一千本のシャクナゲ、6月は1万株のアジサイ
7月はハス、さらに秋は紅葉の名所にもなる
庭園を整備したのは、近年のことである

アクセス 京阪宇治線「三室戸駅」下車、徒歩約20分

スポンサーサイト

平等院鳳凰堂


DPP_31430.jpg

平成の化粧直し

















DPP_31439.jpg















DPP_31431.jpg















DPP_31434.jpg















DPP_31433.jpg















DPP_31432.jpg















DPP_31437.jpg















DPP_31435.jpg















DPP_31436.jpg















DPP_31438.jpg















DPP_31440.jpg

女性の方なら、よくお解かりでしょうが

メイクにも流行、すたりがあります


20年前のメイク法や、眉型が流行ったりとか・・・


ナチュラルメークに近かった鳳凰さん

1000年前の派手なメイクに化粧直し






+平等院鳳凰堂+

京都府宇治市宇治蓮華116
平等院(びょうどういん)は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院
平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている
山号を朝日山と称す、宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね
現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている
本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊である

平安時代後期、日本では「末法思想」が広く信じられていた
釈尊の入滅から2000年目以降は仏法が廃れ、天災人災が続き、世の中は乱れるとする思想である
平等院が創建された永承7年(1052)は、当時の思想ではまさに「末法」の元年に当たっており
当時の貴族は極楽往生を願い、西方極楽浄土の教主とされる阿弥陀如来を祀る仏堂を盛んに造営した

アクセス JR宇治駅 徒歩10分

宇治上神社


DPP_2099.jpg

神代(かみよ)の頃より


















DPP_2100.jpg













DPP_2101.jpg













DPP_2104.jpg













DPP_2106.jpg













DPP_2105.jpg













DPP_2108.jpg













DPP_2109.jpg













DPP_2110.jpg













DPP_2112.jpg













DPP_2111.jpg













DPP_2113.jpg

曾おじいちゃんの、おじいちゃん

その、おじいちゃんの曾おじいちゃん


そんな時代より

ずっと前から現存していて


この地を護り続けていた神社





+宇治上神社 (うじがみじんじゃ)+

京都府宇治市宇治山田59
宇治市にある神社、式内社で、旧社格は村社
隣接する宇治神社と対をなす
ユネスコの世界文化遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている

起源ははっきりしていないが、すぐ近くに宇治神社があり、明治維新前は
両方を合わせて宇治離宮明神、八幡社と呼ばれ、宇治神社を下社・若宮とするのに対して
宇治上神社は上社・本宮と呼ばれている
『延喜式神名帳』には「山城国宇治郡 宇治神社二座」とあり、それぞれ
宇治神社・宇治上神社を指している
近くに平等院ができるとその鎮守社とされた

2004年2月、奈良文化財研究所や宇治市などの年輪年代測定調査によれば
本殿は1060年頃のものとされ、現存最古の神社建築であることが裏付けられるとともに
1052年創建の平等院との深い関連性が考えられている

アクセス 京阪宇治線 宇治駅下車 徒歩12分

三室戸寺


DPP_2098.jpg

紫陽花(あじさい)の花、咲く頃















DPP_2080.jpg













DPP_2081.jpg













DPP_2082.jpg













DPP_2083.jpg













DPP_2084.jpg













DPP_2085.jpg













DPP_2086.jpg













DPP_2087.jpg













DPP_2088.jpg
















DPP_2089.jpg














DPP_2090.jpg













DPP_2091.jpg













DPP_2092.jpg













DPP_2093.jpg













DPP_2094.jpg













DPP_2095.jpg













DPP_2096.jpg













DPP_2097.jpg













DPP_2079.jpg

宇治にある

三室戸寺(みむろとじ)さんに出かけました


花の寺として有名ですが


紫陽花の花が

色づき始めるのを観ると


ああ

もう梅雨に入る時期なのだと・・・・


こんな事

20代の頃の自分なら

想いもしなかった事だろうなぁ^^;




+三室戸寺+

京都府宇治市莵道滋賀谷21
宇治市にある寺院、山号は明星山、本尊は千手観音
西国三十三箇所第10番札所で、本山修験宗の別格本山

庭園 である与楽園は 、5000坪の広さがあり
枯山水・池泉・広庭からなる
5月は2万株のツツジ、一千本のシャクナゲ、6月は1万株のアジサイ
7月はハス、さらに秋は紅葉の名所にもなる
庭園を整備したのは、近年のことである

アクセス 京阪宇治線「三室戸駅」下車、徒歩約15分

たま木亭


IMG_2423.jpg

たまに訪問させていただいている

才女のblogで見かけて、食べたくなり^^

萬福寺に寄ったおり、行ってきました















IMG_2424.jpg

この「たま木亭」さんは、宇治橋商店街にある「ベーカリー玉木」の

御子息がやっておられる御店です

辺鄙な場所(おうばくの皆はん、ごめんなさい^^;)にあるわりには

全国のパンファンの中でも有名な御店です^^

勿論、私も前から知っていて、ここ4年ぐらい通っています

宇治の平等院や宇治上神社に行く時は、必ず寄る鉄板コースどすなぁ^^















IMG_2425.jpg

カレーパンの中身は、こ~んな♪

私が、たま木亭さんで必ず買う、最強トリオの一つが、このカレーパン

中のカリーがたっぷりで、牛肉や隠し味の蜂蜜の味が効いています

このパンはじめ、たま木亭さんのパンは、その場で食べていただきたいパンが多いです

さすがに、住宅街で立ち食いなんてのは^^;・・・・なので

わたしのお勧めの場所は、JR黄檗(おうばく)駅の前にある、小さなロータリ

自販機が2台ならんでいる場所の前に、木の長椅子が二つありますので

いつもそこに座って、ほおばります















IMG_2428.jpg

この日は小姫も一緒

大好物のカレーパン、頬張っています・・・















IMG_2429.jpg

最強トリオ、二つ目は

クニャーネ♪

さくさく生地に、注文後に容れるクリームがたまりません^0^

これ食べたくて、中京区から通っているようなもんです















IMG_2430.jpg

美味しそうでしょ

家まで持ち帰らず、買いたてを、その場で

これがこの「天使のパン」の素敵な食べ方やと、わたしは思います















IMG_2431.jpg

最強トリオ、最後のひとつ

ベーコンハース

これも

なんで、こんなに旨いんやぁ

と^^















IMG_2432.jpg

中のチーズと厚角切りのベーコン、ブラックペッパーが

良いアクセントになって

そりぁ、旨いに決まってる、いや、美味しいです

あかん、あかん

また、行きたくなってきた^^;



+たま木亭+

宇治市五ケ庄新開14-91
営業時間 7:00~19:00
定休 毎週月曜日・火曜日
0774-38-1801

萬福寺



IMG_2444.jpg


勤白大衆















IMG_2448.jpg













IMG_2449.jpg

生死事大
















IMG_2451.jpg

今年の7月に訪れた

台湾が恋しくなり















IMG_2453.jpg

娘を連れて、ぶらり台湾へ・・・















IMG_2454.jpg

なぁんてのは、真っ赤な嘘^^















IMG_2456.jpg

ごめんなさい















IMG_2458.jpg

ここは、宇治市内にある禅寺















IMG_2459.jpg

萬福寺(まんぷくじ)さんです


















IMG_2461.jpg















IMG_2464.jpg

しかし・・・見れば観るほど
















IMG_2467.jpg

自分が日本にいるやら

中国や台湾にいるやら




















IMG_2469.jpg

不思議な御寺さんどすなぁ^^
















IMG_2471.jpg

魚梆(かいぱん)

木魚のもとになったものだそうです















IMG_2475.jpg

無常迅速
















IMG_2476.jpg

台北にも福州(現、福建省)から、移り住まれた方が多いせいか

福建様式の御寺が多かったんですが

なんや、台北に戻ったような・・・





















IMG_2477.jpg

そんな気分になって・・・・















IMG_2482.jpg

あっ





















IMG_2483.jpg

やっぱり、日本です

やっぱり京都です^^

たまたまどしたが、本日は萬福寺境内で、各流派の大茶会が催されてました















IMG_2485.jpg















IMG_2487.jpg

各宜醒覚
















IMG_2489.jpg













IMG_2490.jpg

慎勿放逸















IMG_2494.jpg













IMG_2497.jpg

この禅寺では

この経で一日が始まり、一日が終わるそうです


謹んで修行僧に申し上ぐ

生死は、事大にして

無常は迅速なり

各々、醒覚して

無為に、時を過ごさぬように・・・




+萬福寺+

宇治市五ヶ庄三番割34
宇治にある黄檗宗(おうばくしゅう)大本山の寺院
山号は黄檗山、開山は隠元隆(いんげんりゅうき)、本尊は釈迦如来である
日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗した、黄檗宗の中心寺院で
中国・明出身の僧隠元を開山に請じて建てられた
建物や仏像の様式、儀式作法から精進料理に至るまで中国風で
日本の一般的な仏教寺院とは異なった景観を有する

寺内で使われる言葉、儀式の作法なども中国式である
本寺の精進料理は普茶料理と呼ばれる中国風のもので、植物油を多く使い
大皿に盛って取り分けて食べるのが特色である
萬福寺は煎茶道の祖・売茶翁(ばいさおう)ゆかりの寺としても知られる
隠元と弟子の木庵性瑫(もくあんしょうとう)、即非如一(そくひにょいつ)は
いずれも書道の達人で、これら3名を「黄檗の三筆」と称する
このように、隠元の来日と萬福寺の開創によって、新しい禅がもたらされただけでなく
さまざまな中国文化が日本にもたらされた
隠元の名に由来するインゲンマメのほか、孟宗竹(もうそうちく)
スイカ、レンコンなどをもたらしたのも隠元だといわれている

アクセス JR黄檗駅下車 徒歩10分









































平等院鳳凰堂

IMG_2301.jpg

蒼空を背負い















IMG_2313.jpg

翼を広げて舞い降りた















IMG_2347.jpg

鳳凰















IMG_2351.jpg

末法の世に現れた















IMG_2367.jpg

極楽浄土をしめす光















IMG_2376.jpg

今は静かに
















IMG_2383.jpg

夕日を背負いて















IMG_2393.jpg

尊大なる姿をなす















IMG_2413.jpg

平安の世に現れたばかりの頃は

















IMG_2421.jpg

朱色に光り輝いていたと云ふ





+平等院鳳凰堂+

京都府宇治市宇治蓮華116
平等院(びょうどういん)は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院
平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている
山号を朝日山と称す、宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね
現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている
本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊である

平安時代後期、日本では「末法思想」が広く信じられていた
釈尊の入滅から2000年目以降は仏法が廃れ、天災人災が続き、世の中は乱れるとする思想である
平等院が創建された永承7年(1052)は、当時の思想ではまさに「末法」の元年に当たっており
当時の貴族は極楽往生を願い、西方極楽浄土の教主とされる阿弥陀如来を祀る仏堂を盛んに造営した

アクセス JR宇治駅 徒歩10分














プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ