FC2ブログ

金閣寺(鹿苑寺)


DPP_36771.jpg

冬の陽炎











DPP_36773.jpg











DPP_36774.jpg











DPP_36770.jpg











DPP_36777.jpg











DPP_36784.jpg











DPP_36775.jpg











DPP_36778.jpg











DPP_36783.jpg











DPP_36781.jpg

未明に、降りだした粉雪・・・・


この雪化粧は、ほんの数時間で

姿を消した


春は、そこまでやって来ているようだ


+金閣寺(鹿苑寺)+

京都市北区金閣寺町1
北区にある臨済宗相国寺派の寺院
寺名は足利義満の法名に因む、通称金閣寺(きんかくじ)、山号は北山
室町時代前期の北山文化を代表する建築で、1994年(平成6年)に古都京都の文化財として
世界遺産に登録された
中心となる建築物である舎利殿を「金閣」、寺院全体を「金閣寺」と通称している

応永4年(1397)、足利義満が河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、改築と新築によって一新した
この義満の北山山荘は当時「北山殿」、または「北山第」と呼ばれた
邸宅とは言え、その規模は御所に匹敵し、政治中枢の全てが集約された
義満は征夷大将軍を子の義持に譲っていたが、実権は手放さず、北山殿にあって政務を行っていた
義満の死後、義持によって北山殿は舎利殿を残して解体されるが、義満の遺言により禅寺とされ
義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた、夢窓疎石を勧請開山(名目上の開山)としている

アクセス 京都市バス 「金閣寺道」下車 徒歩3分

スポンサーサイト

宝泉院

DPP_36696.jpg

待ち人、来たる











DPP_36699.jpg











DPP_36702.jpg











DPP_36697.jpg











DPP_36698.jpg











DPP_36701.jpg











DPP_36700.jpg











DPP_36695.jpg

雪化粧の額縁、

一度、この眺めを見てみたかった


+宝泉院(ほうせんいん)+

京都市左京区大原勝林院町187
大原にある、天台宗の寺院の一つである、観光地としても著名な三千院の参道奥にある
大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして、長和2年(1012)に創建されたものである

庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意)、鶴亀庭をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る
樹齢700年の「五葉の松」も観光客に人気がある
こちらは京都市指定の天然記念物に指定されている、また、坊内にある「血天井」は
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が
自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである

アクセス 京都交通バス 大原(終点)下車 徒歩15分

瑞峯院


DPP_36741.jpg

瑞鳳











DPP_36734.jpg











DPP_36738.jpg











DPP_36736.jpg











DPP_36735.jpg











DPP_36743.jpg











DPP_36740.jpg











DPP_36737.jpg

流れる景色の中で

その機微を感じ、捉える

これもカメラの慶び


+瑞峯院(ずいほういん)+

京都市北区紫野大徳寺町81
北区紫野にある、臨済宗大本山大徳寺の塔頭(たっちゅう)である
境内には大友宗麟夫妻の墓がある
天文4年(1535)に九州のキリシタン大名として知られる大友宗麟が帰依した
大満国師・徹岫宗九(てっしゅう そうきゅう)を開祖に迎え、自らの菩提寺として創建した
瑞峯院という寺号は宗麟の法名「瑞峯院殿瑞峯宗麟居士」から名付けられたものである

アクセス 京都市バス 大徳寺前下車 徒歩7分

実光院


DPP_36712.jpg

紋章-winter coat of arms-











DPP_36703.jpg











DPP_36710.jpg











DPP_36707.jpg











DPP_36708.jpg











DPP_36706.jpg











DPP_36709.jpg











DPP_36711.jpg

冬の大原には、雪が似合う


+実光院(じっこういん)+

京都市左京区大原勝林院町187
実光院も宝泉院と同じく、勝林院の坊である
鑑賞式庭園の契心園は江戸から続く主庭で
もう一つの回遊式庭園は元々理覚院があった土地に、植木や石の一つ一つに至るまで
現住職が手づくりで造り上げたもの
また、冬に咲く、不断櫻も有名である

アクセス 京都交通バス 「大原」下車 徒歩15分

詩仙堂丈山寺


DPP_36637.jpg

Neige noire et blanche・・・・・Et rouge











DPP_36636.jpg











DPP_36640.jpg











DPP_36641.jpg











DPP_36642.jpg











DPP_36644.jpg











DPP_36643.jpg











DPP_36645.jpg











DPP_36648.jpg











DPP_36638.jpg

雪が織り成すモノクローム

そして緋色の世界


+詩仙堂(しせんどう)+

京都市左京区一乗寺門口町27
左京区にある、江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡
国の史跡に指定されている、現在は曹洞宗の寺院でもあり丈山寺という

名前の由来は、中国の詩家36人の肖像を掲げた詩仙の間による
詩仙は日本の三十六歌仙にならい林羅山の意見をもとめながら漢晋唐宋の各時代から選ばれた
肖像は狩野探幽によって描かれ詩仙の間の四方の壁に掲げられている

詩仙堂は正確には凹凸窠 (おうとつか) という
凹凸窠とはでこぼこの土地に建てられた住居の意味であり、建物や庭園は山の斜面に沿って作られている
丈山は詩仙の間を含め建物や庭の10個の要素を凹凸窠十境と見立てた

アクセス 京都市バス「一乗寺下り松町」下車 徒歩5分

智積院


DPP_36652.jpg

真冬の木漏れ日











DPP_36654.jpg











DPP_36661.jpg











DPP_36662.jpg











DPP_36656.jpg











DPP_36658.jpg











DPP_36657.jpg











DPP_36659.jpg











DPP_36655.jpg











DPP_36660.jpg

白い息を吐きながら、

わずかな光に寄り添う様に、眺める景色


この御庭は、「利休好みの庭」と呼ばれています



+智積院(ちしゃくいん)+

京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964
東山区にある真言宗智山派総本山の寺院である
山号を五百佛山(いおぶさん)、寺号を根来寺(ねごろじ)という
本尊は金剛界大日如来、開基は玄宥(げんゆう)である

智山派大本山として、成田山として知られる千葉県成田市の成田山新勝寺
「川崎大師」の通称で知られる神奈川県川崎市の川崎大師平間寺及び
東京都八王子市の高尾山薬王院がある

智積院の歴史は複雑で、紀州にあった大伝法院と、豊臣秀吉が、3歳で死去した愛児鶴松のために建てた
祥雲寺という2つの寺が関係している

アクセス 京都市バス 「東山七条」下車 徒歩3分

圓光寺

DPP_36625.jpg

雪の華











DPP_36628.jpg











DPP_36622.jpg











DPP_36629.jpg











DPP_36630.jpg











DPP_36624.jpg











DPP_36632.jpg











DPP_36634.jpg

群青を背負いて

やがては、消えゆく白華


+圓光寺(えんこうじ)+

京都市左京区一乗寺小谷町13
圓光寺(えんこうじ)は、一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院
山号は瑞巌山(ずいがんさん)、開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康

十牛の庭と呼ばれる庭園には洛北で最も古いと言われる栖龍池(せいりゅうち)と水琴窟がある
秋は紅葉の名所となり、夜間ライトアップも行われていたが、2008年以降は休止となっている

アクセス 京都市バス 一乗寺下り松町 下車 徒歩10分

地蔵院

DPP_36566.jpg

蘇る色











DPP_36567.jpg











DPP_36562.jpg











DPP_36560.jpg











DPP_36563.jpg











DPP_36561.jpg











DPP_36559.jpg

秋の終わりの彩(いろどり)が、冬を告げる


+地蔵院(じぞういん)+

京都市西京区山田北ノ町23
西京区にある臨済宗の寺院、山号は衣笠山、本尊は地蔵菩薩 
周囲を竹林で囲まれていることから竹の寺の通称で知られている
一休宗純は幼少時、この寺で修行したと伝えられる
応安元年(1368)、室町幕府管領を務めた武将細川頼之によって創建された
頼之は碧潭周皎(へきたんしゅうこう)に帰依して出家した
当寺の実質的な開山は碧潭周皎であるが、碧潭は法兄である夢窓疎石を勧請開山としている

南北朝時代には勅願寺となって寺運も興隆したが、応仁の乱の兵火により伽藍を焼失し寺運も衰えた
江戸時代中期に中興され、江戸期には天龍寺に属した
昭和43年に独立して単立寺院となった
アクセス 阪急嵐山線「上桂」駅下車 徒歩15分

建仁寺


DPP_36546.jpg

鬼神、つかさどる秋











DPP_36570.jpg

静寂も











DPP_36572.jpg

輝きも











DPP_36575.jpg

胎動も











DPP_36574.jpg

流雅も











DPP_36577.jpg

混在する











DPP_36568.jpg

晩秋と云う名の、化身


+建仁寺(けんにんじ)+

京都市東山区小松町584
東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院、山号を東山(とうざん)と号する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である

京都五山の第3位に列せられている
俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松(かいほうゆうしょう)の襖絵などの文化財を豊富に伝える
山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、貴重な古籍や
漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる両足院などが見られる
また、豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である
寺号は「けんにんじ」と読むが、地元では「けんねんさん」の名で親しまれている

アクセス 京都市バス 「祇園」下車 徒歩8分

南禅院


DPP_36529.jpg

散り際の、美学











DPP_36524.jpg











DPP_36525.jpg











DPP_36521.jpg











DPP_36526.jpg











DPP_36527.jpg











DPP_36528.jpg











DPP_36520.jpg

難しい事は、わからないですが

これがひとつの、

晩秋の完成形でしょうね^^


+南禅院(なんぜんいん)+

京都市左京区南禅寺福地町86
左京区にある臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺の塔頭である
南禅寺の発祥地といわれている

門前には琵琶湖疏水事業の一環として建設された水路閣が通る
亀山上皇の離宮時代の「上の宮」跡に創建される
応仁の乱以後は荒廃していたが,元禄16年(1703)に
桂昌院(徳川5代将軍・徳川綱吉の母)によって再建された
亀山上皇が自ら作庭したと伝わる池泉回遊式庭園で、新緑と紅葉の頃は絶景である
国の史跡および名勝に指定されている

アクセス 京都市バス 「東天王町」下車 徒歩12分
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ