龍安寺


DPP_34884.jpg

初めまして











DPP_34885.jpg











DPP_34880.jpg











DPP_34883.jpg











DPP_34888.jpg











DPP_34887.jpg











DPP_34882.jpg











DPP_34889.jpg











DPP_34886.jpg











DPP_34881.jpg

今年の2月に植えられた

新しいソメイヨシノが

石庭で、優しく微笑んでいました^^



+龍安寺(りょうあんじ)+

京都市右京区龍安寺御陵下町13
右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院、石庭で知られる、山号を大雲山と称する
本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は
禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が
宝徳2年(1450)に創建した禅寺である
衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来
徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである
初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた
龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き
自分の師の日峰宗舜を開山に立てている
創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路のあたりまでが境内であったという

アクセス 京都市バス「龍安寺前」下車 徒歩2分
スポンサーサイト

高台寺


DPP_34892.jpg

I'm in love with you all over again











DPP_34896.jpg











DPP_34894.jpg











DPP_34898.jpg











DPP_34895.jpg











DPP_34900.jpg











DPP_34897.jpg

久しぶりに訪れた、高台寺さん

改めて、

格好の良い御庭だなぁ

凄い桜だなぁと

今更ながら、惚れ直しました^^v



+高台寺(こうだいじ)+

京都市東山区高台寺下河原町526
東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院、山号は鷲峰山(じゅぶさん)、寺号は高台寿聖禅寺
豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院であり
寺号は北政所の落飾(仏門に入る)後の院号である高台院にちなむ
釈迦如来を本尊とする禅宗寺院であるとともに、秀吉と北政所を祀る霊廟としての性格をもった寺院

霊屋(おたまや)の堂内装飾には桃山様式の蒔絵が用いられ
北政所所持と伝えられる蒔絵調度類を多数蔵することから「蒔絵の寺」の通称がある

アクセス 京都市バス 「祇園」下車 徒歩10分

東寺(教王護国寺)


DPP_34842.jpg

美男美女











DPP_34850.jpg

ほら、あの男はん

見てみいなぁ











DPP_34847.jpg

しゅっと、背が高いわぁ











DPP_34848.jpg

髪型も、お洒落しはって

極まってるし











DPP_34849.jpg

後姿も、かっこよろし











DPP_34851.jpg

男前やから、派手な着物も似合うてはるわぁ











DPP_34844.jpg

ほんで、連れの女の子はん

見てみいな











DPP_34843.jpg

また、えらい別嬪はんやぁ











DPP_34845.jpg

髪の毛も、えらい綺麗にしてはるし











DPP_34846.jpg

あない、目立つから

そら、人も、ぎょうさん集まるはずやわぁ




+東寺+

京都市南区九条町1
南区にある全ての真言宗寺院の総本山、根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある寺
「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる
山号は八幡山、本尊は薬師如来

東寺は平安京鎮護のための寺院として計画された後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され
真言密教の根本道場として栄えた

中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として
庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している
昭和9年(1934年)に国の史跡に指定、平成6年(1994年)12月には
「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された

アクセス 京都市バス 「東寺東門前」下車 徒歩2分











本満寺

DPP_34832.jpg

降りそそぐ、春











DPP_34833.jpg











DPP_34837.jpg











DPP_34834.jpg











DPP_34835.jpg











DPP_34838.jpg











DPP_34836.jpg











DPP_34839.jpg

初めて訪れた、本満寺

噂には聞いていた、枝垂桜

本当に、見事な咲きっぷりで

春の到来に、何とも嬉しい一日でございました^^



+本満寺(ほんまんじ)+

京都市上京区寺町通今出川上る二丁目鶴山町16

上京区にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)、山号は広布山
1410年(応永17年)本圀寺から分立し、六老僧の一人日持を崇敬開山として玉洞妙院日秀
(関白・近衛道嗣の子)が開基
当時は上京区元本満寺町(新町通今出川上る西入)付近にあった
1536年(天文5年)天文法華の乱で焼失し、堺に避難する
それから間もない1539年(天文8年)、関白近衛尚通が現在の地に移建し、後奈良天皇の勅願寺となる
ただし移建の時期については異説もある
1751年(万治4年)徳川吉宗の病気平癒を祈願し、幕府祈願所となった

近世にはたびたび火災に遭っており、1661年(寛文元年)の火災
1708年(宝永5年)の宝永の大火、1788年(天明8年)の天明の大火により焼失するが
その都度再建されている
本堂は1911年(明治44年)2月8日にも焼失し、1927年(昭和2年)に再建された

アクセス 京都市バス 河原町今出川 下車 徒歩8分

長徳寺


DPP_34814.jpg

心、奪われる











DPP_34815.jpg











DPP_34820.jpg











DPP_34816.jpg











DPP_34817.jpg











DPP_34818.jpg











DPP_34819.jpg











DPP_34821.jpg

長徳寺の門前の

オカメ桜

今年も咲き始めました


通りを歩く人たちも、思わず立ち止り

この春の使者に、心、奪われる様でした



+長徳寺(ちょうとくじ)+

京都市左京区田中下柳町34−1
アクセス 京都市バス「出町柳駅前」下車 徒歩1分


+オカメザクラ+

バラ科サクラ属の落葉小低木でサクラの園芸品種
イギリスの桜研究家イングラム(Ingram)がカンヒザクラとマメザクラを交配して作出
名前はおかめに由来する

淡い紅色の一重咲き
花が下を向いているのが特徴、早咲きで花期は2月下旬から3月上旬ごろ

雲龍院


DPP_34807.jpg

花、漂えば











DPP_34805.jpg











DPP_34809.jpg











DPP_34808.jpg











DPP_34804.jpg











DPP_34810.jpg











DPP_34813.jpg











DPP_34812.jpg











DPP_34811.jpg











DPP_34806.jpg

春、我を誘なわん


+雲龍院(うんりゅういん)+

京都市東山区泉涌寺山内町36
皇室と縁の深い泉涌寺の少し奥にある雲龍院は同寺の別院で
古より写経道場として受け継がれ現在に至っている
創建は応安5年(1372)後光巌天皇による
再度の焼失再建を繰り返し、後水尾天皇より写経会に要する仏具百余点の寄付を受け再興
本尊は薬師如来、西国薬師如来四十番霊場で、徳川時代には諸方より各宗の門徒が集まり
研鑽を励んだと伝えられている

アクセス 京都駅から、市バス208号系統で「泉涌寺道」下車 徒歩12分

本山興正寺


DPP_34784.jpg

流転











DPP_34785.jpg











DPP_34786.jpg











DPP_34788.jpg











DPP_34789.jpg











DPP_34790.jpg











DPP_34787.jpg











DPP_34791.jpg











DPP_34792.jpg











DPP_34793.jpg

そう、万物は流転する



+本山興正寺(ほんざんこうしょうじ)+

京都市下京区堀川七条上ル花園町70番地
下京区にある浄土真宗の寺院、山号は円頓山(えんとんざん)、西本願寺の南隣に位置する

かつて西本願寺の脇門跡であったが、明治9年(1876年)に真宗興正派として
独立した際に同派の本山となる
住職は門主の華園家、本山だけあって大伽藍であるが、壮大な西本願寺の南に隣接しているため
一見西本願寺の伽藍の一部と見まがう
また西本願寺の御影堂があまりに大きいため、興正寺の伽藍が比較的小さく感じられるが
実際には堂々とした規模である

アクセス 京都市バス 西本願寺前 下車 徒歩3分










青蓮院門跡


DPP_34751.jpg

大きなクスノキの下で










DPP_34756.jpg









DPP_34753.jpg











DPP_34752.jpg











DPP_34754.jpg








DPP_34755.jpg








DPP_34759.jpg








DPP_34760.jpg








DPP_34762.jpg








DPP_34761.jpg








DPP_34763.jpg








DPP_34765.jpg








DPP_34766.jpg








DPP_34764.jpg








DPP_34767.jpg

高層ビルや、携帯電話もない

昔、

京都の住民たちも、「じゃあ、明日、あの大きな楠木の下で」

なんて、待ち合わせを、していたんだろうなぁー


実は、私

今も、親しい京都の友人と、此処で待ち合わせしたりするんですよ

「じゃあ、明日の朝9時、大楠の下で」 

なかなか、良いと思いませんか^^




+青蓮院門跡(しょうれんいんもんせき)+

京都市東山区粟田口三条坊町69-1
東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院
「青蓮院門跡」(-もんぜき)とも称する、山号はなし
開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である
三千院(梶井門跡)、妙法院とともに、天台宗の三門跡寺院とされる
「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことであり、青蓮院は多くの法親王が
門主(住職)を務め、宮門跡寺院として高い格式を誇ってきた
江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」の称もある
日本三不動のひとつ「青不動」のある寺としても知られる

アクセス 京都市バス 「神宮道」下車 徒歩


金地院


DPP_34731.jpg

冷たいのに、暖かい











DPP_34732.jpg











DPP_34736.jpg











DPP_34733.jpg











DPP_34734.jpg











DPP_34735.jpg











DPP_34737.jpg











DPP_34740.jpg











DPP_34738.jpg











DPP_34739.jpg

背中をぬける寒風に

首をすくめるけれど、ファインダーから覗く景色に

シャッターを切るたびに、なんだか、暖かい気持ちになっていく


カメラという趣味が、あって良かった

つくづく、そう思う、今日このごろ^^




+金地院(こんちいん)+

京都市左京区南禅寺福地町86-12
左京区にある臨済宗大本山南禅寺の塔頭の1つ
応永年間(15世紀初頭)に室町幕府4代将軍足利義持が大業徳基を開山として洛北・鷹ケ峯に創建
江戸時代に徳川家康の信任が篤く、「黒衣の宰相」と呼ばれた崇伝(以心崇伝、金地院崇伝)によって
現在地に移転され、現在に至る

鶴亀の庭は、崇伝が徳川家光のために作らせた
作庭には小堀遠州が当たった(遠州作と伝えられる庭は多いが、資料が残っている唯一の例)
桃山時代の風格を備えた江戸初期の代表的枯山水庭園として知られる

アクセス 京都市営地下鉄東西線蹴上駅下車 徒歩7分









圓光寺


DPP_34714.jpg

枯れ木に花を咲かせましょう











DPP_34713.jpg











DPP_34715.jpg











DPP_34716.jpg











DPP_34720.jpg











DPP_34717.jpg











DPP_34721.jpg











DPP_34722.jpg











DPP_34718.jpg











DPP_34719.jpg

残らず花を咲かせましょう

              民話「花咲かじいさん」より



+圓光寺(えんこうじ)+

京都市左京区一乗寺小谷町13
圓光寺(えんこうじ)は、一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院
山号は瑞巌山(ずいがんさん)、開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康

十牛の庭と呼ばれる庭園には洛北で最も古いと言われる栖龍池(せいりゅうち)と水琴窟がある
秋は紅葉の名所となり、夜間ライトアップも行われていたが、2008年以降は休止となっている

アクセス 京都市バス 一乗寺下り松町 下車 徒歩10分
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Translation(自動翻訳)