木屋町桜膝栗毛


DPP_34902.jpg

「おい、弥次さんや、ちょいと桜見物」

「おいよ、喜多さん、京の木屋町桜、ぶら~りと、いこうや」











DPP_34903.jpg

「この木屋町も、ずら~り桜並木だねぇ、もう葉桜だがね、弥次さん」











DPP_34905.jpg

「夜は、酔客が、ふら~りとこの桜に酔うんだよ、喜多さん」











DPP_34906.jpg

「弥次さんや、確かに葉桜となってるが、おいらも、桜酔い、あやかりてぇやな」











DPP_34907.jpg

「おや、あそこで黒いでっけの持って、桜に向かって・・・ありゃ、高兄(たかにい)じゃねえのかい?なあ、喜多さん」











DPP_34908.jpg

「確かに、ありゃ、高兄だ、でもって隣に座ってるのは、高兄とこの下の坊主だよ」











DPP_34909.jpg

「へぇ~喜多さん、小童(わらわ)なんて、云ってやがったが、大きくなりやがった、坊主、もう4つだとよ」











DPP_34910.jpg

「しかし、今年は京の桜も沢山拝めて、ありがてぇや」











DPP_34914.jpg

「長徳寺の門前の桜から始まって、龍安寺さんの桜まで、有難かったなぁ、弥次さん」











DPP_34911.jpg

「お、喜多さん、高兄が、何か云ってるよ・・・ああ、京の桜も、そろそろ終めぇだとよ、そうかい、そうかい」





+木屋町通(きやまちどおり)+

木屋町通、木屋町通り(きやまちどおり)は、京都市の南北の通りの一つである
北は二条通から南は七条通まで、全長約2.8キロメートルの道路である
先斗町の西にあり、高瀬川の東側に沿って中京区・下京区を貫通する

略称木屋町(きやまち)は、東西の通り名と合わせて頻用され、また通り沿い・高瀬川沿いの
二条・五条間の地域を「木屋町」と通称する
三条通から南では、一部を除き高瀬川西岸に西木屋町通(にしきやまちどおり)が並走する

高瀬川の側にサクラが植栽され、歩道を場所により車道側に飛び出させて車の高速走行を
押さえるなど、整備がされている
三条通から四条通までを中心に、喫茶店、バー、スナック、料亭などに加え、
各国料理レストランなど所狭しと並んでいる
風俗営業店の増加に伴い、地元が治安対策の運動を行っている

2003年(平成15年)、京都市が地区としての「木屋町」を
「木屋町界隈」(きやまちかいわい)として「美しいまちづくり重点地区」に指定した

スポンサーサイト

京都府庁旧本館


DPP_34827.jpg

曼荼羅桜(まんだらざくら)











DPP_34822.jpg











DPP_34823.jpg











DPP_34825.jpg











DPP_34829.jpg











DPP_34824.jpg











DPP_34830.jpg











DPP_34826.jpg











DPP_34831.jpg

一本の桜木の中にも

様々な、花の表情、枝ぶりがある

まるで、世界の縮図の様に



+京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)+

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
上京区にあるルネサンス様式の建築物、国の重要文化財
京都府の技師を務めた松室重光の設計により、1904年(明治37年)竣工
かつては京都府庁舎本館として使用された

春には「観桜会」(一般公開)が開かれる

アクセス 京都市バス 「府庁前」下車 徒歩4分

無鄰菴


DPP_34464.jpg

ほんまに、ええんですか?











DPP_34466.jpg











DPP_34465.jpg











DPP_34467.jpg











DPP_34468.jpg











DPP_34469.jpg











DPP_34473.jpg











DPP_34471.jpg











DPP_34470.jpg











DPP_34472.jpg











DPP_34474.jpg











DPP_34475.jpg

平日の朝、と云えども

この素晴らしい眺めを、独り占め


心地よい秋晴れの中・・・・


ほんまに、ええんですかねぇ?

何だか、申し訳ない^^;


+無鄰菴(むりんあん)+

京都市左京区南禅寺草川町31
無鄰菴は、山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛の作庭
「無鄰菴」と名付けられた山縣邸は三つある
最初の無鄰菴は山縣の郷里、長州・下関の草庵である、名前の由来はこの草菴に隣家がない事による

第二の無鄰菴は、京都の木屋町二条に購入した別邸、そして第三の無鄰菴が京都・南禅寺参道前に
造営した別邸で、「無鄰菴会議」の舞台ともなった場所である

アクセス 京都市バス 「京都会館美術館前」下車 徒歩8分

平安女学院大学 有栖館


DPP_34376.jpg

特別拝観











DPP_34378.jpg











DPP_34380.jpg











DPP_34384.jpg











DPP_34379.jpg

この言葉に、弱い私です^^;




P.S

仕事が少し、バタついています

コメント欄は閉じています


+平安女学院大学 有栖館(ありすかん)+

京都市上京区烏丸通下立売上ル五町目町172-2
旧有栖川宮邸宅、有栖川宮家は、伏見宮、桂宮、閑院宮とともに「四親王家」と呼ばれた宮家の一つ
有栖川宮家が、明治時代に東京へ移住後、京都裁判所の仮庁舎等として使用された
明治24年にその一部が現在地に移され、現在は平安女学院大学「有栖館」として受け継がれている
「植治」11代・小川治兵衞作庭の白砂と緑の鮮やかな庭園が有名

アクセス 地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分

祇園甲部

DPP_34306.jpg

IN THE MONOCHROME WORLD

花街を行く by 小童











DPP_34303.jpg











DPP_34302.jpg











DPP_34307.jpg











DPP_34304.jpg











DPP_34305.jpg











DPP_34308.jpg











DPP_34310.jpg











DPP_34311.jpg











DPP_34309.jpg

今回も、ちらりと息子登場^^;

モノクロームの花街を

闊歩するのでありました




+祇園甲部(ぎおんこうぶ)+

祇園甲部(京都市東山区)は、京都で最大の花街
日本国内のみならず海外でも知られ世界各国からの国賓、要人が立ち寄る場にもなっている

寛永年間に八坂神社の門前で営業された水茶屋がこの花街の始まりで
京都所司代板倉重宗によって茶立ち女を置くことが許可され、門前の茶屋町を
「祇園町」と称するようになった

寛文年間になると四条河原町に芝居小屋が建ち、四条通りと大和通りにも茶屋が開かれるようになり
弁財天町・二十一軒町・中之町・山端町・宮川町で、「祇園外六町」と称した
享保17年(1732)、正式に茶屋渡世の営業許可が下りると元吉町・橋本町・林下町・末吉町
清本町・富永町の「祇園内六町」が開かれ、さらに繁栄した

この際に、団子をモチーフにした紋章が作られた
この紋章は現在も祇園甲部と祇園東の紋章として使われている
江戸末期にはお茶屋が500軒、芸妓、舞妓、娼妓合わせて1000人以上いたという

アクセス 京都市バス 「祇園」下車 徒歩3分

Okazaki stroll


DPP_34115.jpg

岡崎さんぽ、時々・・・・小姫











DPP_34113.jpg











DPP_34114.jpg











DPP_34116.jpg











DPP_34117.jpg

娘を連れて

岡崎界隈を、ぶら~り

この日も30度を越える夏日

つい、ビールも飲みたくなります^^;











DPP_34118.jpg

そうそう、私の目的地のひとつ

近代美術館でやってた、「ポール・スミス」展にも立ち寄りました











DPP_34119.jpg











DPP_34120.jpg











DPP_34121.jpg











DPP_34122.jpg

今回、後姿ながら

娘も、たくさん、写ってますね











DPP_34123.jpg











DPP_34124.jpg

後姿ならぬ、鏡姿^^











DPP_34125.jpg











DPP_34126.jpg

しかし、本当に暑おすねぇ~

天気が良いのは、いいんやけどねぇ・・・・











DPP_34127.jpg











DPP_34128.jpg











DPP_34129.jpg











DPP_34130.jpg

こんな、夏日の散歩に

娘が付き合ってくれたのは「花より団子」











DPP_34131.jpg

La Voitureにて

私は、名物タルト・タタンを^^











DPP_34132.jpg

娘は、オペラで気分上々♪


P.S

仕事が少し、バタついています

コメント欄は閉じています


+岡崎(おかざき)+

京都市左京区の南部に存在する地域(広域地名)である、ここではおおよそ
左京区内の「岡崎」を町名に冠する地区の総称

都市景観100選でもある岡崎地区における文化的景観の基軸は「水路と京都近代化の先駆け」で
琵琶湖疎水と白川を中心に、その流域の庭園や町並みと路地裏での蔬菜栽培(京の食文化継承)
岡崎神社や南禅寺等の寺社、そして文教施設としての岡崎公園などが
東山区の石泉院町と合わせ文化財保護法での重要文化的景観に選定されている

一方で重要文化的景観選定前に改築が認可された旧京都会館(現ロームシアター京都)は
景観保護の拠り所となる京都市市街地景観整備条例が定めた高さ制限を例外的に除外されたことで
文化的景観の意義を揺るがしかねない事態を招いているという、意見もある











ブリキのおもちゃと人形博物館


DPP_34045.jpg

びっくり!そして、トキメキ











DPP_34046.jpg











DPP_34047.jpg











DPP_34049.jpg











DPP_34050.jpg











DPP_34053.jpg











DPP_34051.jpg

マンションの一室と云う、秘密のシュチュエーションも良いし

その、品揃え、豊富さに、びっくり^^


世代を問わず、

きっと、トキメキのおもちゃに出逢えるはず


+ブリキのおもちゃと人形博物館+

京都市下京区堀川東入ル柏屋町22クオン四条柏屋町301
営業時間 10:00~16:00
定休日   日曜日祝日
        075-223-2146

京都府庁旧本館


DPP_33915.jpg

朧雨(おぼろあめ)











DPP_33913.jpg











DPP_33911.jpg











DPP_33910.jpg











DPP_33914.jpg











DPP_33917.jpg











DPP_33909.jpg












DPP_33912.jpg











DPP_33916.jpg











DPP_33918.jpg

晴天が似合う、桜もあれば

朧雨が似合う、桜もある




+京都府庁旧本館+

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
上京区にあるルネサンス様式の建築物、国の重要文化財
京都府の技師を務めた松室重光の設計により、1904年(明治37年)竣工
かつては京都府庁舎本館として使用された

春には「観桜会」(一般公開)が開かれる

アクセス 京都市バス 「府庁前」下車 徒歩4分

先斗町


DPP_33829.jpg

花通り











DPP_33830.jpg











DPP_33832.jpg











DPP_33831.jpg











DPP_33833.jpg











DPP_33834.jpg











DPP_33835.jpg











DPP_33836.jpg











DPP_33837.jpg











DPP_33838.jpg











DPP_33839.jpg











DPP_33841.jpg











DPP_33842.jpg











DPP_33843.jpg











DPP_33840.jpg

2月の末の、先斗町通り

軒先には、多くの花たちの姿

一足早い、春の訪れを感じました




+先斗町(ぽんとちょう)+

京都市中京区に位置し、鴨川と木屋町通の間にある花街
「町」と付くが地名としての先斗町はない
もともとは鴨川の州で、江戸時代初期に護岸工事で埋立てられ、新河原町通と呼ばれていた
繁華街としては茶屋、旅籠などが置かれたのが始まりで、芸妓、娼妓が居住するようになり
何度も取り締られていたが、川端二条にあった『二条新地』(にじょうしんち)の
出稼ぎ地として認められ、明治初期に独立をした
三条通一筋下ルから四条通まで、鴨川と木屋町通の間を南北に走る、石畳の狭い通りである
花街特有の商業形態の他、一般の飲食店も並び、通り東側の店は鴨川に面し
納涼床を設ける飲食店が多くみうけられる
先斗という地名の語源はポルトガル語のponto(「先」の意)にあるとされる
また、鴨川と高瀬川に挟まれているため、堤であると捉え、鼓が「ポン」と鳴ることに掛けて
「ぽんと」となったという説もある

裏具HATCH


DPP_33764.jpg

嬉ぐ











DPP_33759.jpg











DPP_33760.jpg











DPP_33761.jpg











DPP_33762.jpg

嬉(うら)ぐ

うれしい気持ちを、感謝の意を相手に伝えたい^^


たまに、お礼状や御手紙を書くとき

こちらの文具を買って、送ったりすんです

喜んで頂いたりするんですよ^^


P.S

仕事が少し、バタついています

コメント欄は閉じています


+裏具HATCH(うらぐはっち)+

京都市東山区八坂通東大路東入上田町84-1 
営業時間  11:00~17:00
定休日    木曜
        075-525-5166
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ