FC2ブログ

Leica kyoto


DPP_36156.jpg

IN THE MONOCHROME WORLD at Leica Gion Kyoto











DPP_36157.jpg

以前、カメラの「Leica」専門店に伺った時に











DPP_36159.jpg

次回、訪れた時はモノクロで撮ろうと考えてました











DPP_36160.jpg

お、木村伊兵衛先生

こんな形で、御逢いするとは^^;











DPP_36161.jpg

ライカで撮る、じゃなく、ライカを撮る











DPP_36163.jpg

撮る











DPP_36164.jpg

撮る、モノクロでやる時は











DPP_36162.jpg

被写体を、何にするかって決める時点で

半分、勝負が決まる気がするなぁ











DPP_36167.jpg

Leicaを撮るのに











DPP_36158.jpg

Canonで、すいません



+ライカ京都店+

京都市東山区祇園町南側570-120
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜
    075- 532 -0320
スポンサーサイト

輪違屋(わちがいや)


DPP_36137.jpg

幕末、明治、大正、昭和・・・・











DPP_36141.jpg











DPP_36138.jpg











DPP_36142.jpg











DPP_36143.jpg











DPP_36139.jpg











DPP_36144.jpg











DPP_36140.jpg











DPP_36145.jpg











DPP_36136.jpg

そして、平成

いくつもの物語が、繰り広げられた場所



+輪違屋(わちがいや)+

京都市下京区西新屋敷中之町
下京区の花街、島原の置屋兼お茶屋である、現在も営業を続けている
創業は元禄元年(1688年)、置屋として始まる
置屋として創業当時の名は「養花楼」、お茶屋兼業は明治5年(1872年)より始まる
現在の建物は安政4年(1857年)に再建されたものであり、明治4年(1871年)にほぼ現在の姿となった

かつては芸妓等も抱えていたが、現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり
また、宴席の場として営まれている
表に「観覧謝絶」の札がある(いわゆる「一見さんおことわり」の店である)

建物は昭和59年(1984年)に京都市指定有形文化財(建造物)に指定された
太夫道中に使われる傘を襖に貼り込んだ「傘の間」や本物の紅葉を使って
型取りしたうえに彩色した壁が使われた「紅葉の間」が特徴的である
いずれももともとは当主の部屋であったらしい
傘の間の傘には「高」(正確には髙島屋のマークの「高」の字体と同じ)の文字が入っているが
これは当主の姓が「高橋」だったということに由来する

1階には近藤勇書の屏風が、2階には桂小五郎書の掛軸がある

アクセス 京都市バス 「島原口」下車 徒歩6分

Gion Shirakawa Sakura Snap


DPP_35883.jpg

気軽に、

そして、思うがままに











DPP_35886.jpg











DPP_35884.jpg











DPP_35880.jpg











DPP_35881.jpg











DPP_35885.jpg











DPP_35882.jpg











DPP_35887.jpg











DPP_35888.jpg











DPP_35889.jpg











DPP_35890.jpg











DPP_35891.jpg











DPP_35892.jpg











DPP_35893.jpg











DPP_35894.jpg











DPP_35895.jpg











DPP_35896.jpg











DPP_35897.jpg

祇園白川、

桜の並木は、好天に恵まれ

大層な人だかり


こんな、時は

肩の力を抜いて、あまり考えず

思うがままに、スナップ写真

こういう愉しさも、カメラの醍醐味です^^v



+祇園白川(ぎおんしらかわ)+

京都市東山区祇園白川南通り

東大路通と花見小路通間を東西に流れる白川沿いの通りが白川北通
巽橋から縄手通までが白川南通に分かれており、特に白川南通の巽橋から
大和大路通(縄手通)までの区間の大部分は、北側の新橋通とともに
重要伝統的建造物群保存地区(祇園新橋伝統的建造物群保存地区)として選定されており
昔ながらの情緒が残っている

観光客にも人気が高く
よく京都を舞台としたドラマのロケ現場としても知られている

アクセス 京都市バス 四条京阪前 もしくは 祇園 下車 徒歩3分

京都府庁旧本館


DPP_35849.jpg

桜花の肖像











DPP_35854.jpg

蒼い天に、覆われた











DPP_35852.jpg

朧(おぼろ)な、記憶











DPP_35856.jpg

光を浴びて











DPP_35853.jpg

想い起こした、その姿は・・・・











DPP_35855.jpg

美しい貌を、していた



+京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)+

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
上京区にあるルネサンス様式の建築物、国の重要文化財
京都府の技師を務めた松室重光の設計により、1904年(明治37年)竣工
かつては京都府庁舎本館として使用された

春には「観桜会」(一般公開)が開かれる

アクセス 京都市バス 「府庁前」下車 徒歩4分

無鄰菴


DPP_35712.jpg

平和だねぇ











DPP_35721.jpg

仕事に追われる事は、ありません











DPP_35714.jpg

おつかいを、頼まれる事はありません











DPP_35716.jpg

喧騒は、聞こえてきません











DPP_35713.jpg

美しい眺めが、眼の前に在ります











DPP_35717.jpg

時折、鳥の声が聴こえます











DPP_35719.jpg

平日の、休日は











DPP_35715.jpg

つくづく、平和だねぇ



+無鄰菴(むりんあん)+

京都市左京区南禅寺草川町31
無鄰菴は、山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛の作庭
「無鄰菴」と名付けられた山縣邸は三つある
最初の無鄰菴は山縣の郷里、長州・下関の草庵である、名前の由来はこの草菴に隣家がない事による

第二の無鄰菴は、京都の木屋町二条に購入した別邸、そして第三の無鄰菴が京都・南禅寺参道前に
造営した別邸で、「無鄰菴会議」の舞台ともなった場所である

アクセス 京都市バス 「京都会館美術館前」下車 徒歩8分

京都駅ビル


DPP_35655.jpg

IN THE MONOCHROME WORLD











DPP_35659.jpg

December of last year


+京都駅ビル+

京都駅は、京都市下京区・南区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅
駅舎のうち、JR西日本の烏丸中央口側のものを「京都駅ビル」と呼ぶ
地上16階、地下3階 (高さ60m)、敷地面積38,000平方m、延床面積は238,000平方m
東西の長さは470mにのぼり、鉄道駅の駅舎としては日本有数の規模である
この新しい駅舎になり、新しい京都市の顔となった

現在の駅舎は4代目に当たる、1915年、大正天皇の御大典に併せて古典様式の2代目駅舎が
渡辺節の設計により建築されたが、1950年失火により焼失、その後1952年に
鉄筋コンクリート造の近代的な3代目駅舎が竣工した
しかし、駅が発展すると共に増築に次ぐ増築を重ねたため、地下街を含む商店街や
連絡通路などを含めると構内の構造は複雑化し、大変不便なものになっていた
また駅舎本体にも老朽化に伴う種々の問題が生じて来た
そこで、抜本的対策として駅ビルの改築が計画された
これは1994年の平安遷都1200年記念事業の一環でもあった

嵯峨鳥居本


DPP_35248.jpg

振り返り


伝統的保存地区となっている、この地域

鮎料理で、有名な茅葺屋根の「平野屋(ひらのや)」さん

上から、俯瞰で撮る構図が有名で、王道かも知れないんですが

この振り返り構図も、朱の大鳥居を背景に、なかなか良いんじゃないでしょうか


P.S

仕事が少し、バタついています

コメント欄は閉じています


+嵯峨鳥居本(さがとりいもと)+

右京区の地区名、古くは「化野(あだしの)」と呼ばれ、京の人々の埋葬の地であった
現在の町並みは愛宕神社の鳥居前町として発展したもので、化野念仏寺を境に
瓦屋根の町家風民家が並ぶ下地区と茅葺きの農家が多い上地区と二つの風景が共存する
1979年に国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された

アクセス 各交通機関「嵐山」より、徒歩25分

木屋町桜膝栗毛


DPP_34902.jpg

「おい、弥次さんや、ちょいと桜見物」

「おいよ、喜多さん、京の木屋町桜、ぶら~りと、いこうや」











DPP_34903.jpg

「この木屋町も、ずら~り桜並木だねぇ、もう葉桜だがね、弥次さん」











DPP_34905.jpg

「夜は、酔客が、ふら~りとこの桜に酔うんだよ、喜多さん」











DPP_34906.jpg

「弥次さんや、確かに葉桜となってるが、おいらも、桜酔い、あやかりてぇやな」











DPP_34907.jpg

「おや、あそこで黒いでっけの持って、桜に向かって・・・ありゃ、高兄(たかにい)じゃねえのかい?なあ、喜多さん」











DPP_34908.jpg

「確かに、ありゃ、高兄だ、でもって隣に座ってるのは、高兄とこの下の坊主だよ」











DPP_34909.jpg

「へぇ~喜多さん、小童(わらわ)なんて、云ってやがったが、大きくなりやがった、坊主、もう4つだとよ」











DPP_34910.jpg

「しかし、今年は京の桜も沢山拝めて、ありがてぇや」











DPP_34914.jpg

「長徳寺の門前の桜から始まって、龍安寺さんの桜まで、有難かったなぁ、弥次さん」











DPP_34911.jpg

「お、喜多さん、高兄が、何か云ってるよ・・・ああ、京の桜も、そろそろ終めぇだとよ、そうかい、そうかい」





+木屋町通(きやまちどおり)+

木屋町通、木屋町通り(きやまちどおり)は、京都市の南北の通りの一つである
北は二条通から南は七条通まで、全長約2.8キロメートルの道路である
先斗町の西にあり、高瀬川の東側に沿って中京区・下京区を貫通する

略称木屋町(きやまち)は、東西の通り名と合わせて頻用され、また通り沿い・高瀬川沿いの
二条・五条間の地域を「木屋町」と通称する
三条通から南では、一部を除き高瀬川西岸に西木屋町通(にしきやまちどおり)が並走する

高瀬川の側にサクラが植栽され、歩道を場所により車道側に飛び出させて車の高速走行を
押さえるなど、整備がされている
三条通から四条通までを中心に、喫茶店、バー、スナック、料亭などに加え、
各国料理レストランなど所狭しと並んでいる
風俗営業店の増加に伴い、地元が治安対策の運動を行っている

2003年(平成15年)、京都市が地区としての「木屋町」を
「木屋町界隈」(きやまちかいわい)として「美しいまちづくり重点地区」に指定した

京都府庁旧本館


DPP_34827.jpg

曼荼羅桜(まんだらざくら)











DPP_34822.jpg











DPP_34823.jpg











DPP_34825.jpg











DPP_34829.jpg











DPP_34824.jpg











DPP_34830.jpg











DPP_34826.jpg











DPP_34831.jpg

一本の桜木の中にも

様々な、花の表情、枝ぶりがある

まるで、世界の縮図の様に



+京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)+

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
上京区にあるルネサンス様式の建築物、国の重要文化財
京都府の技師を務めた松室重光の設計により、1904年(明治37年)竣工
かつては京都府庁舎本館として使用された

春には「観桜会」(一般公開)が開かれる

アクセス 京都市バス 「府庁前」下車 徒歩4分

無鄰菴


DPP_34464.jpg

ほんまに、ええんですか?











DPP_34466.jpg











DPP_34465.jpg











DPP_34467.jpg











DPP_34468.jpg











DPP_34469.jpg











DPP_34473.jpg











DPP_34471.jpg











DPP_34470.jpg











DPP_34472.jpg











DPP_34474.jpg











DPP_34475.jpg

平日の朝、と云えども

この素晴らしい眺めを、独り占め


心地よい秋晴れの中・・・・


ほんまに、ええんですかねぇ?

何だか、申し訳ない^^;


+無鄰菴(むりんあん)+

京都市左京区南禅寺草川町31
無鄰菴は、山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛の作庭
「無鄰菴」と名付けられた山縣邸は三つある
最初の無鄰菴は山縣の郷里、長州・下関の草庵である、名前の由来はこの草菴に隣家がない事による

第二の無鄰菴は、京都の木屋町二条に購入した別邸、そして第三の無鄰菴が京都・南禅寺参道前に
造営した別邸で、「無鄰菴会議」の舞台ともなった場所である

アクセス 京都市バス 「京都会館美術館前」下車 徒歩8分
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ